ホーム > 高岡市万葉歴史館

高岡市万葉歴史館Takaoka Manyo Historical Museum

高岡市万葉歴史館

沿革・概要

高岡市万葉歴史館は、高岡市が推進している「万葉のふるさとづくり」の中核施設と して平成2年10月に開館した万葉集に関する博物館であり、また研究施設である。

施設・事業

万葉集とそれに関する資料の収集・整理・調査・研究を行うとともに、展示、出版、学習講座等の教育普及の場の提供の諸活動を行っている。

収蔵品・展示内容

万葉集写本の断簡では平安末期の「尼崎本断簡」、鎌倉中期の「春日本断簡」、室町初期の「金沢文庫本断簡」や「栂尾類切」などを蔵し、桂本・藍紙本・元暦校本・金澤本・天治本などの古写本の複製も蔵している。
◆常設展示室
大伴家持の生涯をドラマチックに紹介する家持劇場、メディアボックス、四季のシンボル造形
所在地
高岡市伏木一宮1-11-11 〒933-0116
電 話
0766-44-5511
開館時間
4月~10月は9時~18時  11月~3月は9時~17時 ※入館は45分前まで
入館料
大人210円 中学生以下無料 65歳以上160円、団体(20名以上)170円
休館日
火曜日(火曜日が祝休日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
駐車場
54台、身障者用2台
アクセス
あいの風とやま鉄道/JR「高岡」駅から加越能バス(伏木方面東回り、西回り)乗車「伏木一宮」バス停下車、徒歩約7分
JR氷見線「伏木」駅から車で約5分、徒歩約25分
能越自動車道「高岡北IC」から車で約25分
36.795342,137.04563
みどころ
大伴家持の生涯を語る「家持劇場」・万葉集に歌われた草木約70種を配した四季の庭
URL
http://www.manreki.com

展覧会