ホーム > ミュゼふくおかカメラ館

ミュゼふくおかカメラ館Fukuoka Camera Museum

ミュゼふくおかカメラ館

沿革・概要

ミュゼふくおかカメラ館は、にわかにブームの高まるクラシックカメラに着目し、科学技術の進歩やカメラが見てきた映像の世界を生涯学習という観点から活用することを目的とし、地方文化の発展と魅力ある町づくり、中心市街地の賑わいの創出など、町の魅力を引き出す文化の拠点施設として開館しました。 開館以来、常設展示としてカメラやその仕組み・歴史を紹介するとともに、企画展として写真展を開催し、写真や撮影の魅力を伝えてきました。

施設・事業

特になし

収蔵品・展示内容

収蔵品は、クラシックカメラなどカメラ関連資料が約1000点、図書資料が1000点、写真資料が120点を収蔵し、その充実には、現在も務めているところです。
展示は、カメラ展示を常設展示として、年4回のサイクルで展示替をしています。企画展では、アラーキー、岩合光昭、前田真三、秋山庄太郎など日本を代表する写真家の写真展を順次展開してきたところであります。また、岩合先生に審査員としてご協力いただいております公募展を開催するなど、カメラ文化の普及発展にも努めてまいりました。
所在地
高岡市福岡町福岡新559番地 〒939-0117
電 話
0766-64-0550
開館時間
9時~17時(入館は16時30分まで)
入館料
企画展ごとに定める(常設展入館料は企画写真展入館料に含まれます)
※土・日・祝日、夏休みは高校生以下無料
※教育活動として観覧するときは無料(事前に減免申請書の提出が必要。引率者無料)
※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をご提示の場合は本人および付添者は5割引き。付添者は手帳をお持ちの方お一人につき一名まで
※65歳以上は2割引き(免許証等をご提示ください)
※20名以上の団体は2割引き 
※祖父母と孫が一緒なら観覧料無料(祖父母は高岡市、富山市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、氷見市にお住いの方)
休館日
月曜日(祝日除く)、祝日の翌日(翌日が土・日の場合は火曜日)、年末年始、臨時休館日(展示替え期間など)
駐車場
30台、身障者用1台
アクセス
あいの風とやま鉄道「福岡」駅下車、徒歩5分
能越自動車道「福岡IC」より車で10分
みどころ
クラシックカメラの展示のほか、有名写真家の写真展も随時企画
URL
http://www.camerakan.com

展覧会