ホーム > 展覧会案内 > 特別展「氷見灘浦の生活誌」-半農半漁の村々-

特別展「氷見灘浦の生活誌」-半農半漁の村々-

館園名
氷見市立博物館
会期
2017/10/20 から 2017/11/12 まで
氷見市の北部、海の近くまで丘陵がせり出した灘浦海岸の泊や小境といった集落では、昭和30年代頃まで「ヒトンマ」という一風変わった作業が行われていた。泊のヒトンマ作業は、山間の新開田で田の荒起こし後に行われるもので、本来馬や牛が引く犂や砕土機を5人の女衆が引く。この作業によって新開田の水持ちが良くなることから、田植え前には欠かせない作業だったという。このヒトンマ作業からは、地元の浦々で営まれた定置網漁や遠方での出稼ぎ漁に従事する男衆にかわり、地域の米作りを担った女性たちの姿が浮かび上がってくる。そうした、昭和30年代の氷見灘浦で見られる半農半漁の生活は、一方では、400年に渡る定置網漁の歴史の中で、網元が地主であり、水主衆が小作人であるという関係性の中で育まれてきたものでもあったと考えられる。本特別展では、氷見灘浦のうち海岸部に位置する村々の歴史を振り返り、この地に根付いた、氷見ならではの半農半漁のくらしのあり様を紹介する。
観覧料
無料

会期中の休館日
10/23(月)、10/30(月)、11/6(月)