ホーム > 展覧会案内 > 特別展「応響雑記の世界 ―近世の氷見町を訪ねる―」

特別展「応響雑記の世界 ―近世の氷見町を訪ねる―」

会場
氷見市立博物館
会期
2020/02/28 から 2020/03/22 まで
「応響雑記」は、氷見町の町役人を歴任した田中屋権右衛門が三十三年間にわたって書き綴った日記です。その内容は私事のほか、毎日の気象・親戚知友の消息・町の行政や経済・藩庁への請願陳情・年中行事・災害・騒擾など多岐にわたります。 本特別展は、「応響雑記」が生成30年に市指定文化財になったことを記念して、その全貌を初公開するとともに、加賀藩の町政関係資料とあわせて、近世の氷見町の様子を紹介したい。
会場
氷見市立博物館特別展示室

観覧料
無料

会期中の休館日
3/2(月)、3/9(月)、3/16(月)