ホーム > 展覧会案内 > 特別展「四角い古墳・丸い古墳」-王墓の時代の氷見-

特別展「四角い古墳・丸い古墳」-王墓の時代の氷見-

館園名
氷見市立博物館
会期
2017/03/03 から 2017/03/26 まで
3世紀後半から6世紀までの古墳時代、氷見地域には大小合わせて400基近い古墳が築かれている。日本海側最大の前方後方墳で、国指定史跡である柳田布尾山古墳や、県内最大の前方後円墳である阿尾島田A1号墳といった巨大な古墳から、長さ5mほどの小さなものまで、氷見地域には多様な規模の古墳があるのに加えて、方墳など四角い形のもの、円墳など丸い形のものが混在しているのが、分布の特徴になっている。また、まとまった平野や、かつての潟を見下ろす丘陵には、必ずといってよいほど古墳が築かれており、古墳時代には氷見の広い範囲で、開発が進んでいたと考えられる。この特別展では、氷見市民にとって身近な遺跡といえる古墳について、墳丘や副葬品などさまざまな視点から、紹介を行うものである。
観覧料
無料

会期中の休館日
3月2日(月)・3月13日(月)・3月21日(火)