ホーム > 展覧会案内 > 大伴家持生誕1300年記念 「家持の時代」展

大伴家持生誕1300年記念 「家持の時代」展

館園名
高岡市美術館
会期
2017/09/22 から 2017/10/22 まで
『万葉集』の編纂者であり、代表的な歌人のひとりである大伴家持(718-785)は、越中国守として天平18(746)年から天平勝宝3(751)年までの5年間を現在の高岡市で過ごしました。『万葉集』に残されている家持歌の半数以上が越中で詠まれており、富山県の文学の原点は大伴家持にあるといえるでしょう。家持生誕1300年を迎える平成29年、高岡市ではこれを記念して企画展「家持の時代」展を美術館において開催します。本展では、高岡市内で発掘された奈良時代の遺物をはじめ、家持の教養の背景にあった文化を今に伝える貴重な文化財など、家持の生きた時代の歴史資料や関連する資料を展示します。
観覧料
別料金(一般500円)

会期中の休館日
通常どおり