ホーム > 展覧会案内 > 仮称 郷土作家企画展 のらくろトリオと田河水泡の世界 展

仮称 郷土作家企画展 のらくろトリオと田河水泡の世界 展

会場
朝日町立ふるさと美術館
会期
2018/10/06 から 2018/12/02 まで
戦時中、朝日町に疎開していた漫画家山根青鬼・赤鬼兄弟。朝日町においても展覧会や、イメージキャラクターの制作協力など、現在も様々な事業に協力をいただいている。青鬼氏の漫画といえば、名探偵カゲマンなど、少年漫画が代名詞であるが、今回は、のらくろの生みの親である漫画家田河水泡より「のらくろ」の執筆権を継承したのらくろトリオ(山根青鬼氏故赤鬼氏、永田竹丸氏)の作品と、彼らと田河水泡の年譜を追いながら作品「のらくろ」を通じて改めてそのルーツを紹介する。第1展示室をのらくろトリオの紹介、漫画に関する田河氏が集めた資料など、第2展示室で田河水泡を紹介する。
観覧料
大人300円 小中高生100円

会期中の休館日
毎週火曜日・各展覧会及び常設展時の展示替え日