ホーム > 展覧会案内 > コレクション展IV「美術評論家 東野芳明と戦後美術への旅」

コレクション展IV「美術評論家 東野芳明と戦後美術への旅」

会場
富山県美術館
会期
2019/01/17 から 2019/05/20 まで
コレクション展IV (展示室2) では、「美術評論家 東野芳明と戦後美術への旅」と題し、東野芳明(とうの よしあき/1930-2005)が批評を記した芸術家の作品や、東野旧蔵の資料・作品を紹介します。東野芳明は、中原祐介(なかはら ゆうすけ/1931-2011)、針生一郎(はりう いちろう/1925-2010)とともに、「美術評論家の御三家」とも称された戦後を代表する評論家のひとりです。東野が生涯にわたり交友を深め、作品考察を行った芸術家にマルセル・デュシャンとジャスパー・ジョーンズらがいます。東野は、富山県美術館の前身である富山県立近代美術館の草創期から1990年に病に倒れるまで、美術館の運営委員や企画展のコミッショナーとして美術館の活動に関わった、当館とは特に縁の深い評論家です。今回のコレクション展では、東野芳明が紹介に努めた欧米の戦後美術を中心に、当館の収蔵作品を紹介いたします。
会場
展示室2

観覧料
通常の観覧料

会期中の休館日
水曜日(祝日を除く)、5月7日(火)
※GW中:4月25日(木)~5月6日(休・月)は無休