ホーム > 展覧会案内 > 「誰が描いたの?」-2歳から97歳が描いた日本の名画・世界の名画作品展-

「誰が描いたの?」-2歳から97歳が描いた日本の名画・世界の名画作品展-

企画展「誰が描いたの?」チラシ
会場
ギャルリ・ミレー
会期
2019/03/20 から 2019/07/15 まで
「ギャルリ・ミレー」では、大谷美術学園のご協力を得て、3月20日(水)より、企画展【誰が描いたの?-2歳から97歳が描いた日本の名画・世界の名画作品展-】を開催いたします。
大谷美術学園生徒の皆さんが制作された、棟方志功や岸田劉生、フェルメールやピカソといった画家たちの模写作品を展示いたします。同じ作品でも、描く人によって色や形の表現は様々です。それぞれの個性が際立つ個人作品と生徒の皆さんが協力して制作した共同作品、豊かな感性を感じる作品が揃いました。また個々の生徒さんが作品に合わせて描かれたオリジナルの額も作品を引き立てています。この機会に常設展の作品と併せてお愉しみください。 皆さまのご来館を心よりお待ちしておりますので、お誘い合わせの上お越し下さい。
【開館時間】
午前10時~午後5時(但し入館は4時半迄)

【休館日】
月曜日、祝日の翌日(但し、ゴールデンウィーク期間中は開館します)

【入館料】
一般200円、高校生100円、中学生以下無料
(各種手帳をお持ちの障がい者の方とその付き添いの方1名までは無料となります)

4月2日(火)~
一般300円、高大生200円、中学生以下無料
(各種手帳をお持ちの障がい者の方とその付き添いの方1名までは無料となります)