ホーム > 展覧会案内 > 「日本の美 美術× デザイン」

「日本の美 美術× デザイン」琳派、浮世絵版画から現代へ

会場
富山県美術館
会期
2019/08/10 から 2019/10/20 まで
日本美術の大きな特徴のひとつに装飾性が挙げられます。とくに琳派の流れは、大和絵の技法を基盤に、きらめくような「かざりの美」と洗練されたデザイン性をあわせ持ち、日本美術の一頂点として受け継がれ、工芸などあらゆるジャンルに浸透し、浮世絵などにも影響をあたえ、近・現代美術へと受け継がれていきます。
本展では、琳派から浮世絵版画、ポスターまで、日本の美にみられる豊かな表現とデザイン性を、前期・後期に分けて紹介します。
前期:8月10日(土)〜 9月16日(祝・月)
後期:9月21日(土)〜10月20日(日)

会場
展示室2・3・4

観覧料
一般 1,300(1,000)円 大学生 650(500)円 一般前売り 1,000円 
※( )内は20名以上の団体料金